米国株が反転攻勢へ!!

お金
スポンサーリンク

こんにちは~、キートンです!(^-^)/

 ロシアのウクライナへの侵攻が激化しており、首都キエフにまで及んでおります。この戦争の着地点はウクライナ側の親ロシア派への転換にありまして、今はロシア側のシナリオ通り、思い通りに事が運んでおります。

 こういった情勢のもと、株価は素直な反応をみせてます。すなわち株式市場は終戦とその後をさきどりして織り込みにいってます。

ということで今朝も米国株をみてみると軒並み上昇で終えました。

では、いつもの相場関連情報から。

2/25のNYダウ、ナスダック、S&P500

  • ダウ(DJI):+2.51%(34058.76ドル、前日比+834.92ドル)前々日比+2.79%
  • ナスダック(IXIC):+1.64%(14189.16 +214.50)前々日比+4.98%
  • S&P500(SPX):+2.24%(4384.64 +95.95)前々日比+3.74%

 なんと3指数とも続伸で終わりました。
 いずれの指数も200日移動平均線を割り込んでますが、来週から本格的に反転のトレンドで上昇していくものと思います。

 ウクライナへの侵攻が始まった日からの3指数の伸び率は、上記で表した通り
1番に伸びたのがナスダック、2番目がS&P500、3番目がダウという並びです。
グロース比率の多いナスダックがやはり伸び率は高いということで、セクターへの偏りはなく全体的に底上げ基調となっております。

米10年債利回り

下図の通り、昨日は下がることも上がることもなく1.9後半を維持しており、依然として高い水準ではあります。ナスダックの勢いが落ち着いたのもこの利回りの影響と考えます。

VIX(恐怖指数)

 昨日30を超えておりましたが、現在は27.57と30を切りました。じわじわ下げてきております。もうすこし注視が必要ですが上昇相場の始まりといってもよいでしょう。

高配当ETFがハンパない!

前々回で高配当ETF
「SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF(SPYD)」
のご紹介をいたしました。でそのSPYDに注目してみてみると今朝は

ドーン!

ごらんのとおり大きな陽線で終わりました。伸び率がなんと3.26%!!
ダウもナスダックもS&P500のどれよりも高い伸び率です。これまでにみてもSPYDでこんな伸び率はここ最近みてません。この伸び率の大きさはすなわち底を打って陰の極に達したものと断定できます。

そしてもひとつの高配当ETF
「iシェアーズ コア米国高配当株 ETF」ティッカーシンボル「HDV」です。

でこちらのチャートはドーン

これもむちゃくちゃ長い陽線をつけて終わりました。
伸び率なんと、3.28%です!

2/24のウクライナ侵攻が本格化した日、米国株市場が始まると3指数とも実はドーンと窓を開けて急落しました。※下図の赤丸のところです。

ここでエントリーできたかどうかというとなかなか難しいですよね。
「砲声で買え」という格言がありますが、戦争始まって時点で買える勇気なんてそうそうありません。ま、買えた人はそれはそれでおめでとうございます!

でもこれは来週からの上昇転換のシグナルですので、ここから勝負です。
価格的には高いと感じるかもしれませんが高配当ETFのエントリーをおススメします。

VIXや金利の動きをみながら、グロース株もありですね。

ということで今回はあらためて

「iシェアーズ コア米国高配当株 ETF(HDV)」

の紹介とします。

チャートさきほど示した通りで、

HDVの概要

HDVは
VTI(Vanguard Total Stock Market Index Fund ETF)といって
米国全体に投資しているETF(上場投資信託)
から75社を抽出してます。

下記の通り、証券会社の説明ではこんな感じです。

iシェアーズ コア米国高配当株 ETF(iShares Core High Dividend ETF)は、モーニングスター配当フォーカス指数(同指数)の価格と利回りパフォーマンスに連動した投資成果を目指す。
 同指数は、財務健全性が高く、同時に持続的に平均以上の配当を支払うことのできる、
 質の高い米国企業への投資機会を提供する。
同指数は75銘柄で構成されており、投資家に配当を支払うことのできる資金余力(配当力)によってウェイト付けを行う。

要は他の高配当ETFとはちょっと違って、すんごく厳しいスクリーニングで厳選された銘柄のみが組み入れられてるということです。
※スクリーニング=ふるいにかける

純資産総額(百万ドル):7,849.41
直近分配金(ドル)・現地支払日 1.0514
分配金回数/年:4
分配金利回り:3.45%
設定日:2011/03/29
経費率:0.08%

こんだけ経費率やすくて毎年3%半ばの配当がもらえるってとってもありがたいです。
金利0.002%の日本の銀行にはもはやあずけてられませんね。

HDVの組み入れ銘柄

主に上位は下図の通りとなっております。

このHDV、セクターが「エネルギー」、「ヘルスケア」、「生活必需品」に特化してる恰好となっており、まさにディフェンシブそのものですね。

でさらにHDVは前々回にご紹介しましたSPYDとの組み合わせで保有するとさらにディフェンシブ性が強化され、最強のポートフォリオの基盤を築くことが可能です。

以前も説明しましたがお互いの保有セクターがあまり重複してなく、HDVとSPYDが相互補完できる間柄ということです。
HDVは「エネルギー」、「ヘルスケア」「生活必需品」が主
SPYDは「金融」「公益」「不動産」が主
となっており、まったくカブってませんよね。

イメージは下の記事が分かりやすいかなと思いますのでご覧になってみてください。

最後に

以上、米国株が反転攻勢へ!!
ということでお伝えしました。
いかがでしたでしょうか。

昨日のナスダックもでしたが、高配当ETFの跳ね上がりかたがハンパないです!
とにかく何買っても上がる状態?全米が活気づいて調子乗るとすごいパワーですからね。
しかしこの反動もあることを念頭にエントリーのほうお願いします。

それでは今日はこのへんで
みなさんの投資ライフにお役に立てれば幸いです。

本日もご覧いただきありがとうございました。では、また!(^-^)/

https://twitter.com/masterkeaton19

役立つアイテム

一日分の野菜はお手軽に野菜成分を接種できるので時間や費用が節約できます。
味も美味しいので長く続けられると思います。ぜひどうぞ!


コメント

タイトルとURLをコピーしました