S&P500(VOO) vs NASDAQ(QQQ)~2022年の展望~ その2

お金
スポンサーリンク

こんにちは~、キートンです!(^-^)/

前回は2022年ではアメリカで利上げがあるということをお伝えしました。
それはしかも3回と公表されております。
それに市場はビビってしまい株価に織り込んでいます。
でも、2017-2018の利上げ時と同様、株価は上昇トレンドで進むものと予想しました。

でもそれって本当?
本当かどうかはだれにもわかりません。
が今回は現実性のある見かたで展望をお伝えできたらと思います。

利上げの行方

株価が上がるか、下がるかを決定づける
「利上げ」
ですが、楽観視するわけではありませんが、おそらく利上げはやっても1回かとキートンは思ってます。

このことはメディアでもいろんなアナリストの方々もおっしゃってますね。

2022年春頃にはサプライチェーンの混乱もなくなり物価上昇のピークアウトを迎えるとのことで、それでもインフレがおさまらなければ利上げしようかというのが
FRBパウエル議長の思惑ではないかとにらんでます。
1回であってもそれはすごく丁寧、慎重に。です。

インフレが抑制され利上げが1回となった場合は、若干調整はあるものの
S&P500(VOO)もNASDAQ(QQQ)も調子を取り戻し、上昇トレンドを呈することでしょう。

そしてエネルギー

上記の通り、米国株インデックスS&P500(VOO)とNASDAQ(QQQ)については片付きました。

2022年、自らのポートフォリオにうるおいをもたらそうするなら
エネルギー株が有望です。

以前にもお伝えした通りなんですが、
セクターローテーション的にはエネルギー相場なので、関連銘柄やETFにエントリーすることでうまく相場の波に乗れるのではないでしょうか。
もうすでにエネルギー株にはあかるい兆しがあらわれているようです。

たとえば個別銘柄で行くと

  • エクソンモービル (XOM)
  • ETFだとバンガード・米国エネルギー・セクターETF(VDE)

チャートは下図のとおりまだもみあい相場ですが年明けしばらくして上昇の見込みです。

1月まではS&P500もナスダックも上昇トレンドですが2月からは利上げ観測などから、調整が入るものと想定されます。
「節分天井、彼岸底」 な~んて相場の格言があるくらいですからね。

するとそこで資金が流れていき頭角を現すのがバリュー株でこういったエネルギー株が成長していくと思われます。

まー、とにかく原油がいるんです。経済再開して、電車も飛行機も車も世界全てが動き始めます。EV開発もありますしね。
あ、航空株や電鉄株もありかもしれませんね。コロナが明けたら需要が伸びる業種ってみなさん、すぐわかりますよね。それを仕込んでおけばいいだけの話です。
チョー簡単ですよね。
2019年度レベルまで復活するかは不明なので気を付けてください。

くるぞ!高配当株

2022年活躍するのはあとは高配当株ですね。中身の銘柄はバリュー株がメインなので、2022年にぴったりのうってつけのファンドたちです。
とくにVYM,HDV,SPYDの3兄弟です!

とくにSPYDなんて去年末は6日連続上昇でした。きます!いや来てます!

S&P500(VOO)とNASDAQ(QQQ)のチャートにSPYDをいれてみましょうか?
こんな異種格闘技はやってはいけないのですがね。。

でも、ほら!

なんてことでしょう!

SPYDが S&P500(VOO)とNASDAQ(QQQ) を抑え込んで2021年はてっぺん取りました!
高配当株ETFが名門インデックスを制したということです。
※QQQ立場ないですね。。

あらためてVYM,HDV,SPYDこれら3銘柄まとめてチャートを見てみると

これら利益の大元は配当金(インカムゲイン)なのですが、下図の通り、株価上昇益(キャピタルゲイン)もそこそこ稼げてますよね。

とくにHDV(iシェアーズ コア米国高配当株 ETF)
についてはご覧の通りエネルギー株がたっぷりはいってますんで
これからの成長がすごく楽しみです。

最後に

以上、S&P500(VOO) VS NASDAQ(QQQ)~2022年の展望~ その2 ということでお伝えしました。
いかがでしたでしょうか。

番狂わせの種あかしは今回のラストで説明した高配当ETFたちです。
これらのパフォーマンスがいま急上昇してます。とくにSPYD!
こないだ減配してましたがそんなの関係ねえですね。。
これからHDVも上昇してくるとなると、もしかしたらもしかする??

ちょーっと2022年は我慢の年なのかな?と落ち込んでたひともいるかと思うのですが
よーく見てみるとあっちこっちに美味しいファンドがたくさんあることがわかりました。
こうやってオールスターが機能することで、むしろ2021年よりパフォーマンスいいかもですね。

それでは今日はこのへんで
みなさんの投資ライフにお役に立てれば幸いです。

本日もご覧いただきありがとうございました。では、また!(^-^)/

役立つアイテム

最近、朝晩冷え込んできましたよね。あっためるには下から温めるのが一番効率的です。
(冷たい空気は下にいきますので)
そこでおススメのアイテムはこれ!↓↓あるのとないのとでは全然ちがいます!
ホットカーペット


Mens Leather Store
 財布や鞄など、感動のレザー作品が多数。

セブン-イレブンでいつでも受け取り
 くらしのパートナー「セブン」

エトランジェ・ディ・コスタリカ
オリジナルステーショナリーとヨーロッパ雑貨

コメント

タイトルとURLをコピーしました