債券(サイケン)ってなに?

お金
スポンサーリンク

今日は債券(サイケン)についてお勉強したいと思います。

債券とは?
まずは画像を見てください。
これが債券です。

でしくみは下の図です。

岡三証券より

どうですか?イメージできたでしょうか。

これをふまえて説明に入りたいと思います。

債券とは

国や政府・地方公共団体、企業などが、資金を投資家(わしら)などから借り入れるために
発行する有価証券(お金みたいなもん)の一種です。

債券の発行ごとに利率や利払日、償還日などの条件が決められており、
購入した投資家(わしら)はその利子(りし)を受け取ったり、元本を返済されたりします。
※むずかしい単語もありましたが読み流してください。

債券は発行者の立場からすれば資金調達の手段ですが、投資家から見れば利殖(もうける)のための投資対象といえます。

資金調達の手段としては

  • 「設備投資など長期運転資金等の調達に適している」
  • 「金融機関からの借入れよりも量的な対応や資金使途が自由」
  • 「増資に比べて将来資金の需要が減退すれば返済が可能」

といったことで債券が用いられます。

一方利殖のための投資対象としては、一般に ①収益性 ②安全性 ③換金性 といった点が
重要とされます。

①収益性

債券は定められた最終の償還期日※まで一定の利子を支払うことを約束する証券です。
通常この利子は、その後の金利水準によって変動することはありません。
この点は不動産や株式などのように、将来どれだけ収益がもたらされるかわからない
投資対象とは異なってきます。
すなわち債券は計画的な資金運用の手段として優れた特性を備えているといえます。

※償還日 (しょうかんび)
償還日とは、債券の場合、その保有者に額面金額を払い戻す満期日のことをいいますが、
投資信託の場合は運用が終了する日のことをいいます。
要は全額返金される日ですね。

②安全性

債券は株式とは異なり通常満期日があり、その間に債券価格がいくらになろうとも、
その期限になれば一般に額面金額で償還されます。また償還や利子の支払いが
確実に行われるよう法律で様々な規定が設けられており、債券の利払い・償還の安全性が
高められています。
※10年債(サイ)とかよく聞きませんか?
これは10年たったら満期となりそこで利子がついたお金がもどってきます。

③換金性(流動性)

債券は満期までの間に途中換金が可能ですが、時々刻々とする金融情勢や債券の需給によって
回収できる資金は減りもすれば増えもします。一般に信用力や知名度が高く、同一銘柄の
発行額が多く、広範囲な投資家に保有されている債券ほど流動性が高くなっています。

はい、ということで以上、債券の説明と投資としての債券について説明してきました。
いかがでしたでしょうか?

(あんまり長いと眠くなりそうなのでここらでストップしときます)

債券は株と違ってローリスクローリターンです。

その点含め、株と債券はよくペアで話があるので
知識として自分のものにしておきましょう!

役立つアイテム

最近、じめじめしててイヤですよね。

エアコンの除湿は寒くなるし、電気代かかるしね。。


コメント

タイトルとURLをコピーしました