サンクスギビングデー

お金
スポンサーリンク

こんにちは~、キートンです!(^-^)/

アメリカにはサンクスギビングデーといって感謝祭の日というものがあります。

その感謝祭の日に近づくとアメリカの皆さんはもうホリデー気分でウキウキです。

その感謝祭の賑わい具合をみることで今と今後の景気や経済の診断がある程度できるものではないかと思ってます。

今日はその感謝祭前後の様子をじっくり観察し米国の投資行動に役立つ情報をお伝えしたいと思います。

サンクスギビングデーとは

アメリカの感謝祭で11月の第4木曜日に設定されております。

毎年この日になると家族旅行や友人との食事会などを開いたり、街中がお祭りムードになります。

ところが去年2020年は。。コロナウィルスの感染拡大がおさまらず、テレワークや外食規制などがまっただなかでしたので、とてもじゃないけどお祭りどころではありませんでした。

あまり思い出したくありませんが、下記が去年2020年の感謝祭のときの記事です。

「感謝祭には営業しません」…2020年の年末商戦は、いつもと違う

全米最大のショッピングモール運営会社、サイモン・プロパティー・グループは、2020年のサンクスギビングデーには営業しない方針だと述べた。
このように、アメリカでは近年の傾向に反した動きを見せる小売業者が増えている。
「我々はサンクスギビング・デーに営業しないという決断を下し、従業員が愛する人々と休日を過ごすことができるようにした」と、サイモンの会長兼CEOはプレスリリースで述べた。
アメリカでは2020年のサンクスギビングデー(感謝祭:アメリカでは11月の第4木曜日)に営業しないという小売業者が増えている。全米最大のショッピングモール運営会社であるサイモン・プロパティー・グループ(Simon Property Group:以下、サイモン)も同様の決断を下した。

「さまざまな困難に直面する時代となり、我々はサンクスギビングデーに営業しないことにした。これによって、社員は愛する人とともに休日を過ごすことができる」と、サイモンの会長兼社長兼CEOのデービッド・サイモン(David Simon)は9月14日、プレスリリースで述べた。

BISINESS INSIDERより
BISINESS INSIDERより

コロナ感染状況について

現在、日本ではコロナウィルス感染者数は低推移で落ち着いてきており、アメリカの方も減少傾向です。
ワクチン接種でなんとか抑えてきれてる感はありますが、これから冬場にはいりますのでまた感染拡大にならないとも言い切れません。

アメリカにおいては減少傾向とは言えどもまだ感染者の絶対数が多く、ワクチン接種率もまだ完ぺきとは言えません。

しかし成人の約7割がワクチン接種を完了しており、11歳以下の子供たちへの接種も間もなく認可される見込みであるのと同時に、初めての経口薬の認可も近いことで、収束への希望が高まっているのは間違いないとしています。

したがって今年は各旅行業者や飲食店、百貨店とも盛大に感謝祭を企画し、ある程度の感染対策はたもちつつもいつものサンクスギビングデーの盛り上がりがみられるものと予測します。
客側も2年ぶりの感謝祭ですから、去年の分をとりもどすべく、例年より気合の入ったお祭りになるやもしれませんね。

景気と株価

景気が良くなると株価もつられて上昇傾向になります。
つまり今回の感謝祭如何で株価の低迷か上昇かを占うことになると言っても過言ではありませN。

いまのNYダウ、ナスダック、S&P500の調子ってどうでしょう。
直近数日は利益確定売りの調整がはいったものの、また上がり始めております。
その調整前までは6日連続最高値更新とかで好調以外のなにものでもありません。

ですので今回の感謝祭においては日常が戻ったという意味での感謝祭となりそうで

消費、景気があがるのはほぼ間違いないとみていいでしょう。

要は今のうちにFULL INVESTMENT (全力で投資)しておきましょう!

ただ反面、消費も物価も上昇して、インフレ懸念が払しょくできない状況にきております。

S&P500指数

この11月の感謝祭を意識してちょっとチャートを眺めてみましょう。

下の図はVOO(S&P500)のチャートです

去年2020年はコロナ真っ只中でしたのであまり参考になりませんが

2019年の11月25日手前あたりは上昇しており、景気が良くなる予感とともに投資家心理も明るくなっているものとみられます。

そして1カ月後。。

12月25日はクリスマスです。当然この日というか、この12月全体がお祭りムードとなり、景気上昇のもっとも高い時期に来ます。

一般には一年の中で株価上昇の時期はこの11月12月1月と言われており、いまはまだ11月です。
さきほど申した通り、FULL INVESTMENT (全力で投資)を意識して銘柄選択してみましょう!

最後に

以上、サンクスギビングデー ということでお伝えしました。
いかがでしたでしょうか。

さあ、株価上昇シーズンにはいりました。
この時期は四の五の言わず、FULL INVESTMENT(全力で投資)でいきましょう!
GOOD LUCK!

それでは今日はこのへんで
みなさんの投資ライフにお役に立てれば幸いです。

本日もご覧いただきありがとうございました。では、また!(^-^)/

役立つアイテム

ジェントス LEDワークライト

これはほんと、マジで役に立ちます。
いつでもどこでも手放しで作業ができますし、照らしたいところをピンポイントで照らせる固定用マグネット付きです。

ジェントス GENTOS LEDワークライト Ganz GZ-001UV [LE…
価格:5580円(税込、送料別) (2021/11/13時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コメント

タイトルとURLをコピーしました