ネット証券 初心者のすすめ

お金
スポンサーリンク

こんにちは~、キートンです(^-^)/

今日はネット証券のお話をしようとおもいましたが

そういえば証券ってなに?株?

株ってなに?
ってとこからお話していこうと思います。

株、株と気軽に言いますが「実はよく知らない」なんていう人もいますよね。

株式投資に参加したいのに、何もわからないままでは不安なもの。
「そもそも株って何?」
「株はどうやって買えばいいの?」
など、疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか。

株とは

株式会社が資金を集めるために発行(売る)株券です。
正式には「株式」と呼ばれます。

会社が「何か事業を始めたい」と思ったら、大きな資金が必要になりますよね。
そこで株式会社は、事業を始めるための資金を投資家たちから募ります。
会社はお金を出してくれた投資家たちに、「株式」という証明書を渡すわけです。

わたしたちが株を買うことで、会社が事業を行うための資金をあずけます。
わたしたちは「株主」と呼ばれ、会社経営に携わるオーナーの1人となるのです。

株主は株を買って出資したら、お金を出しっぱなしで終わってしまうのでしょうか。
それでは、出資するメリットがありませんよね。

株主の権利

  • 株主総会に参加する権利
  • 配当金を受け取る権利
  • 株を売ることができる権利
  • 株主優待をもらう権利

配当金

会社が利益を出せば株主に還元!株を買って配当金をもらう
株主になれば、「配当金」をもらう権利が発生します。

「配当金」は、株取引で儲けるために重要なポイント。

会社が利益を出したときに、その一部を株主に還元してくれるのです。
会社が配当を実施している間は、継続して配当金を受け取ることができます。

株価益

株主になれば株の売却益(キャピタルゲイン)で利益が得られる

株主は、持っている株を売却する権利もあります。
自分が買った価格よりも高い価格で他の人に売れば、儲けが出ます。
これを「キャピタルゲイン(売却益)を得る」といい、
株で儲けるもっとも一般的な方法です。

さあ、ここからです。

株取引をする『証券取引所』とは

株は発行している企業から、直接買えるわけではありません。

証券取引所を通じて、他の投資家が売りに出している株を購入するのが一般的です。

売却する時も同様で、証券取引所で株を売ります。
しかし証券取引所に直接出入りするわけではありません。
証券会社に仲介してもらって、株式の売買に参加するのです。
日本では「東京証券取引所」が有名ですね。

ということで株式の売買のしくみはご理解いただけたかと思います。
こういう流れが分かってないと、不安でしかたないですよね。

ネット証券とは

インターネット上にのみ店舗をおく証券会社と思っててよろしいかと思います。

どのようなネット証券会社があるかというと

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • SMBC日興証券

と有名どころがあり、
口座開設ランキングでいくと下記の通りとなります

ここでネット証券はわかったけど、ネットって大丈夫?って不安ありませんか?
トップのSBI証券、楽天証券だと歴史はすでに20年経過しており、いまや人気の証券会社です。
実績も積みあがっておりますし、いまや日本の証券会社の2台巨頭になろうとしております。
その歴史と勢いを示します。証券総合口座数の各社推移は以下のとおりです。

以上、ということでネット証券のメジャー性、優位性が分かっていただき、安心いただけたでしょうか。

いまや、行政手続きもふつうに買い物もインターネットの時代です。こういった株を取り扱う証券会社や銀行もネットの信頼性は高水準に達していると思いますので、みなさんもネット証券に口座を開設してネット取引を始めてはいかがでしょうか。

今回も長くなってしまいましたのでここらで終わりたいと思います。
次回、自分が使っている楽天証券についてメリットなどをお伝えしたいと思います。
それではまた!(^-^)/

<参考サイト>
from マイナビニュース 株比較

役立つアイテム

肌ざわりがさらさらしてて、暑くても快適ですよo(^-^)o



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました