ソーシャルレンディングってなに?

お金
スポンサーリンク

こんにちは~、キートンです!(^-^)/
なに?なに?シリーズの連発ですが
はじめにいっておきます。あんまりおススメできない投資です。
はっきり言って「ヤバい」。
でもなんか横文字でかっこいい響きですよね

ソーシャルレンディングとは

お金を借りたい企業である(ボロワー)にお金を貸したい投資家(レンダー)がお金を提供するためのサービスのことを指します。

ソーシャルレンディングの利回りは一般的に5〜10%と高い水準であり、安定傾向にあることが特徴といわれてます。
(米国株のインデックス投資で5~7%といわれてますので、個人的にはあまり高いとは思いません。)

ソーシャルレンディングの始め方・方法

ソーシャルレンディングの一般的な投資の流れは以下の通りです。

ソーシャルレンディング事業者を選択

口座を開設

ファンドを決定し出資額を入金

ソーシャルレンディングを始めたい方は事業者を決定し、口座開設をする必要があります。

ソーシャルレンディングのリスク

ソーシャルレンディングでは、以下のリスクが考えられます。

  • 融資先企業の貸し倒れ・倒産リスク
  • キャンセルができない
  • 運用期間の変更が頻繁
  • 融資した企業の経営悪化や倒産
  • 勝手に運用期間が変更される

新しいサービスであるため、規模の小さい企業が融資を求めていることが多く
最悪の場合には投資した資金が返ってこないことも考えられます。

こんだけリスクがあって利回りが5~10%だとちょっと二の足を踏んでしまいます。

何かのしがらみとかでどうしてもソーシャルレンディングに投資しないといけないとかで
始める場合には
最悪の場合を想定しての貯金を持っておくこと。
他の安全な資産への分散投資をしこれがこけても大きな影響を受けないようにしておくと良いでしょう。

ソーシャルレンディングがおすすめ?な人

ある記事では
ソーシャルレンディングは自ら投資先を選ぶことができ、日々の相場変動を気にしたくない人に向いています。

他の投資に比べ、専門的な知識はそこまで必要ありませんが事業者と投資先は自分で選ばなければなりません。

また、ソーシャルレンディングは日々の相場の値動きがないため株や投資信託などの相場変動に疲れてしまった人には特におすすめです。

とまあ、なんともやわらかい言葉で安心感のある内容が書かれておりますが
おすすめはしません。

ソーシャルレンディングの不正

その背景としてソーシャルレンディングでトップ企業である
「SBIソーシャルレンディング」という会社の不祥事を公開します.

このSBIソーシャルレンディングがなにをやったのかというと
投資家から預かったお金を投資に使用せず他の用途に使ったということです。

金融庁によると、SBISLは太陽光発電関連会社「テクノシステム」(横浜市)に融資した資金が目的外の用途に使われている可能性を認識しながら、個人投資家にインターネットを通じた資金集めの勧誘を続けていた。

読売新聞オンラインより

金融庁は事実と異なる虚偽の説明で投資家を勧誘したなどとして金融商品取引法に基づき、
SBIの子会社に対して来月7日までの業務停止命令を出しました。
インターネット経由で投資家から集めた資金を太陽光発電などの事業に融資し、利益を投資家に還元する金融サービスを手掛けていましたが、集めた資金のうち約129億円が計画通りに使われていないことなどが明らかになりました。

ANNNEWSより

SBISLの貸付先で、太陽光発電事業などを手掛けていたテクノシステム社。
17年から20年の間に借り入れた約380億円のうち、約130億円が募集時の説明とは違う
使途に使われていた。すでにテクノシステム社長らは詐欺容疑で東京地検特捜部によって
逮捕されている。

株式ファンドは目論見書などで投資先の会社名とか組み入れ比率とかが明らかですが
このソーシャルレンディングというしくみは投資先の末端がわからないのです。
つまりどこに投資しているかいくら投資されているか

が不明、というか明らかにしないため
運用会社が自由に不正をはたらけるという大きな欠点があるのです。

実は過去を振り返ると、多くのソーシャルレンディング業者が不正を行ってきました。

  • みんなのクレジット
  • maneo(マネオ)
  • ラッキーバンク
  • トラストレンディング

仮に業者が不正をしていなくても、貸出先のリスクがとても高いことを忘れてはいけません。

皆さんは、「なぜソーシャルレンディングの投資対象である中小企業が、7~8%の高い金利で個人投資家からお金を借りないといけないのか」知っていますか?

ズバリ!銀行が貸してくれないからです!

融資のプロである銀行がお金を貸せない投資先に、お金の余裕ない個人投資家が手を出すべきではありません。

ソーシャルレンディングが投資対象としている会社は、銀行からお金を借りられない零細企業です。
貸し倒れの可能性も非常に高く、明らかに初心者向けの投資ではありません。
利回りばかりに目を奪われるのではなく、リスク面もしっかり考慮してください。

そういった意味ではソーシャルレンディングはかなりリスクの高い投資手法といえます。
一応まだ投資の種類の一部としてありますが楽で儲かる投資というのはそうそうありません。
自分がどこにどんだけ投資するのか事前によく調べてから投資は行いましょう。
楽な投資となると米国インデックス投資、高配当株投資くらいなもんでしょうかね。

最後に

以上、ソーシャルレンディングについてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。
聞いたことあるけど、よくわからないって方多かったのではないでしょうか。
もう一度いいます。
ソーシャルレンディングには手を出さないようにしましょう!

ということで、今日はこのへんで。では、また! (^-^)/

役立つアイテム

今日も元気に「ファイト~、いっぱ~つ!」

リポビタンD 100mL×10本×5個セット ウェルパーク
価格:5800円(税込、送料別) (2021/8/7時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コメント

タイトルとURLをコピーしました