ストキャスティクスってなに?最終回 ~チャート分析シリーズ~

お金
スポンサーリンク

こんにちは~、キートンです!(^-^)/

いよいよストキャスティクス(ストキャス)最終回です。
前回はストキャスの設定の仕方と
買いサインはここですよ。売りサインはここですよ。という説明をしました。

今回は理解を深めるのと、突っ込んだ使い方について、もう少しお伝えしたいと思います。

ダマシ対策について

%KがS%Dと全くおなじほうこうを向いているということが、仕掛ける条件です。

S%Dが20%-80%へ入ってきたときに、%KがS%Dの向きと逆だった場合は
エントリー(売り買い)してはいけません。
それがダマシになるからです。

ロスカット(手じまい)について

S%Dが20%-80%へ入ってきたときにエントリーします。
その後、再度S%Dが20%-80%の外へ戻ってきたとき、は
これはダマシなので
即!
エントリーをやめます。
つまり
買いでエントリー売り
売りでエントリーなら買い
でいったんポジションをなくします。

図でいくと
下図の「C」で売りでエントリーしました。
しかし「D」でまた80%の外へ戻ってきましたね
そこで即、
→エントリー解除(買い)となります。

エントリー解除後、再度S%Dが80を下回りました。
→売りを再エントリーします。

それが下図の「E」のところとなります。

ここで売れましたのでD-Eの差額分の利益が獲得できました!

で 例えばEの後にまたS%Dが80%を上抜けるようなことがあると
→エントリー解除(買い)となります。

また、エントリー解除??そんなに騙されてるのにまた繰り返すの??
というふうに思いがちですが、それを繰り返すのが重要!なのです。

エントリーの1回目は3-4割失敗の可能性があります。
エントリーの2回目は2割くらいに落ちます。
エントリーの3回目は1割くらいに落ちます。(9割の確率で成功する)

つまり再エントリーするたびに成功する確率がどんどん高まってきます。
ですので、勝つまでやらないと損ですね。

もちろんどんなチャート分析でも100戦100勝ではありません。
けどこのストキャスは繰り返しエントリーすることで成功確率をあげることができ
また、負けを挽回できるということで

非常に優秀な分析チャートといえます。

最後に

以上、ストキャスティクスってなに?  ということでご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

ストキャスの設定をまとめますと

  • %K
  • S%D

の2つの線を使う。
設定期間は
26日を使う。

ストキャスの使い方をまとめますと
%Kが
10-90%を範囲を外れたあと
S%Dが
20-80%を範囲を外れたことを確認
S%Dが
20-80%に入った時点で
%Kが
同じトレンドであることを確認する。
→エントリー(売り、買い)

S%Dが
20-80%に入ってエントリーしても
20-80%から外れたら
→エントリー解除(手じまい)

S%Dが
20-80%に入った時点で
%Kが
同じトレンドであることを確認する。
→エントリー(売り、買い)

※ちなみにトレーディングビューの設定は下図のとおりです。

知識は武器にも防具にもなります。これからも勉強してお金に困らない暮らしを手に入れましょう!

それでは今日はこのへんで
みなさんの投資ライフにお役に立てれば幸いです。

本日もご覧いただきありがとうございました。では、また!(^-^)/

役立つアイテム

パ・ソ・コ・ン
パソコンは必須です。しかも使い古したパソコンは買い替え必須です。
さーてなにに買い替えようかなー
こちらはMacbook Air↓です。M1チップ搭載でちょっぱや(超早い)!です!

APPLE MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGN9…
価格:111526円(税込、送料無料) (2021/10/31時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コメント

タイトルとURLをコピーしました