仮想通貨(暗号資産)の魅力とリスク

お金
スポンサーリンク

こんにちは~、キートンです!(^-^)/
いま、流行りの仮想通貨に通貨についてざーっくりお話したいと思います。
さっそくですがビットコインの値動きみてみましょう。

ビットコインの値動き

2017年初めに1ビットコイン11万円だったのが年末には230万円に跳ね上がりました。
たった一年で21倍になりました。
500万円投資してた人はその時点で1億円を稼ぎ出せたということになります。
ただこのあとバブル崩壊して1ビットコイン=36万円まで値を下げてしまいました。
なにしろサイクルが早いし値動きが大きいです。
このような荒波にのるかのまれるか。。ですね。

ただいま1ビットコインは4,562,983.75 円(2021.8.1時点)となっております。

仮想通貨とは

暗号資産(仮想通貨)とは、円やドルなどの法定通貨ではなく、国による保証を持たない
通貨のことです。実際に存在する紙幣や貨幣とは異なり、バーチャルな世界や電子取引などで
通用する通貨で、バーチャルマネーとも呼ばれます。
1990年代後半からソーシャルゲームや電子マネーとともに発達し、2021年1月現在、
2,000種類以上の暗号資産が世界中で流通しているといわれています。
代表的な暗号資産はビットコインですが、現在では取引所などで売買することが可能となっています。

ちなみに暗号資産と呼ばれるゆえんは
「ブロックチェーン」という高度なセキュリティ技術で通貨取引を可能にできるようになったからです。

仮想通貨の種類

下図をごらんください、有名なビットコインだけでなく
こんなにも種類があるんですね。よりどりみどりです。

仮想通貨の魅力(メリット)

未来の通貨

これはまずひとつに今の通貨(ドルとか円)がごみになっていく。
という、投資家からの視点があり、今後もコロナ渦とかで世界の銀行がお札擦りすぎて
インフレになって紙切れになってしまうという懸念からきてます。
つまり仮想通貨(ビットコインなど)の方が安全と見立てる人が出てきており今後紙幣などに変わり通貨の主役を握る時代が来るかもしれません。

金(ゴールド)のような価値

発行枚数2100万枚と決まっており、金のような財産と同じ感覚で限りがあり
値崩れせず価値が保たれるため紙幣などの通貨のように紙屑などになることはないでしょう。

手軽な取引

取引が簡単で銀行を経由せず個人同士でやりとりできます。
そんなわけで短時間かつ手数料がかからないというメリットがあります。

拡大する市場

ビットコインの時価総額は約30兆円といわれており
おおやけの通貨として認められるまで発達してます。
したがって一般、機関投資家からも投資対象として認知されるまでに至りました。

破壊力が抜群

最後のメリットとしては使いようでは短期で爆益を得られます。
インデックス投資などよりはるかに短期間で利益を得るチャンスがあります。

仮想通貨のデメリット

法整備が未成熟

株や債券も過去は不正が横行しまくって、それを防止すべく法律がたくさんできあがり今に
至ってるわけで、仮想通貨についても同様、不正がまだまだ多く法整備が追い付いてないというのが
現状です。先日のテスラのイーロンマスク氏がTwitterでつぶやくごとにビットコインが
上がり下がりしてましてよね。
株ではあれは株価を操作するとして法に抵触します。
けど仮想通貨ではそういった法律がないため価格操作してもいまのところお咎めなしです。。

詐欺が横行

仮想通貨の種類は2000種類にも上り、とりあえず仮想通貨で儲けようとして
ドロンするという会社も日常茶飯事的にあるそうです。
どんなんが詐欺コインなのか。。見分けるのにちょっと自信ありません。。

ハッキングリスク

要は仮想通貨がおもいっきり盗まれることがありました。
2018年コインチェックで580億盗まれてますね。。
ん?ブロックチェーンという安全技術があるから大丈夫じゃなかったの??
そんなんあっさり破壊して、ハッキングは横行しました。
こういった七転び八起きを繰り返して成熟していくのでしょうが、まだまだ不安なところはあります。

手数料が高い

仮想通貨はまだまだ未成熟の市場ですので手数料が株や債券にくらべて割高です。

  • 日本円の入出金手数料
  • 取引手数料
  • レバレッジ手数料、ロスカット手数料
  • 仮想通貨の出庫手数料

いろんな手数料がかかってきます。
取引して儲かってるのに実際の利益が増えないのはこの理由です。

税金が高い

株や債券で儲かったお金には普通20%の税金がかかります。
個人的にはこれでもちょっと高いかな?って感覚ですが。。
仮想通貨は儲かれば儲かるほど税率が高くなります。
たとえば、株で1億円儲けた場合、税金は2000万円ですが
仮想通貨で1億円儲けた場合、税金は半分の5000万円もってかれます。。
株式よりリスクをとってせっかくもうけてもこんだけぶんどられると
ちょっとしんどいですね。

値動きが激しい

メリットにもデメリットにもなるのですが
1年で20倍にもなったり、10分の1にもなったりと
なかなかギャンブルですね。

仮想通貨取引の心得

短期にお金を稼ぐひと向けです。
ただリスクは上記のようにいろいろありますので投資プロ向けと言えます。
仕組みをよく理解して充分知識武装してからやってみたほうがよいでしょう。
やるとしてもまずは少額からですね。

以上、仮想通貨についてざっくりお伝えしました。
なんとなく動向についてお分かりいただけたでしょうか。
みなさんのお役に立てれば幸いです。
ではまた!(^-^)/

役立つアイテム

沖縄に行った気分で食べたいな (^-^)


コメント

タイトルとURLをコピーしました