家計簿の重要性

お金
スポンサーリンク

ズバリ、EXCEL君で充分です!

自分の家計簿のイメージとしては
毎日レシートをみながら帳簿に日付と金額と品物を記入していって、
月末締めてあーこんなに使っちゃった~、来月は節約しなくちゃね。
みたいなものを抱いてて、それって金額管理なの?ただの買い物日記帳じゃん。と思って全く興味をもってませんでした。

もひとつ重要なことは

ズバリ、何を把握したいか!
です。だれでもたぶんどれだけ余裕があるかを把握したいと思います。

最近いろいろと節約をはじめるにあたって、
どんだけ節約できたのだろーとかどれだけ余裕ができたのだろー??
とふと思うと収支をみたくなってきました。
あ、そうなると家計簿かなと思ったのですが、買い物のたびにレシートもらって帳簿につけるのはめんどくさいと思い
まーだいたい把握してるからざっと表にしてみました。
それが下表です。(数字は空白にしてます)


ここで重要なのは各項目で年間でいくら使ってるかをはじき出します
そして年間手取り金額から差し引きます。
そうすると年間でどれだけ余裕があるかがわかります。

年間ではじき出すには項目別に週ごと、月ごとの費用を計算させ、年間支出を割り出します。
食費はざっくりでいいと思います。
食費だけは現金支払いですので銀行から年間でどれだけおろしてるかを割り出せばすぐに出ます。

はい、これでどれだけ余裕があるかわかりました~。ふ~。(表右下の「年間差額」)

と胸をなでおろしてる場合ではありません。

項目よーくみると、なんだかいらない子がちらほら見えますね。そうです、こうやって見える化してここから無駄をそぎ落とす作戦をたてていくのです。
定額預金??これって年率0.002%だからもっと年率いいとこに預けとこ。とかいや投資にまわしたほうがいいかな。とか考えることができます。
いやーこうなるとあとどのくらい削減できるかが楽しみになってきますね。

みなさん、どうです?灯台下暗しですよね。

まず自分の収支をみつめ改善することから始めましょ~(^-^)/ 


コメント

タイトルとURLをコピーしました