EXCELのピボットテーブルは神!

仕事
スポンサーリンク

ついに来ました。ピボットテーブル。

聞いたことあるけど、Excelのコマンドみたいなやつ?だっけ?

ズバリ、大量のデータをすっきり集計して見やすくわかりやすくしてくれる機能です。

やり方はというと下の図に順を追って説明します。(百聞は一見に如かず。ですね)

①例えば下図のデータあったとして、

②ピボットテーブルのアイコンを押す。ウインドウが出るのでそのまま「OK」を押す。

③新たにピボットテーブル用のシートができるので、

右のフィールドにある「名前」「日付」「品物」「売上(円)」を図のところにドラッグ&ドロップしていくと。。

④下図のようにきれいに集計されました!

行には「品名」

列には「日付」

と、このピボットテーブルでは一目で下記の事項がわかるようになります。

・A B Cさんがどんな品物をいつどのくらい売ったかがわかる。

・A B Cさんそれぞれの売り上げの合計がわかる

・日ごとの売り上げの合計がわかる。

・A B Cさんそれぞれの日ごとの売り上げの合計がわかる。

また、フィールドの配置を変えることでどんな品物がいつどれだけ売れたかもわかるようになります。

こうやってピボットテーブルでは膨大なデータのなかからいろんな傾向や性質を抽出することができ、しかもすぐにできるのがスグれものです。ぜひ、仕事やプライベートにも活躍させてください。ではまた!(^-^)/


コメント

タイトルとURLをコピーしました